結婚 女性

働き続けたい女性が増えてきた

30代の女性

昔の結婚というと男性が外に働きに出て、女性は専業主婦として家事や子育てに専念するというスタイルが一般的でしたが、どんどん女性の社会進出が進み、女性も男性と同じくらいのペースで仕事をするようになったので、結婚した後も家庭に入らないで仕事をする女性が増えています。

 

結婚相談所に通う女性の中には結婚した後も働きたいと考えている女性が多くいますが、女性の場合は出産のイベント等もあるため、結婚することによって一時的に職を離れる必要が出る場合もあります。

 

最近は会社も女性が働きやすい環境作りを推進しているところが多くなったので、結婚して出産する女性に対して育児休暇を設けるところも増えてきていますが、女性の中には育児休暇の問題よりも一時的に離職することで会社通いのペースが乱れることを嫌い、結婚に踏み出せない人も多くいると言われています。

 

また、育児休暇に関しても環境が良くなったのは大きな企業や都市部に限られ、地方になるとまだまだ育児休暇の環境は十分と言えず、女性が結婚して出産するには難しい社会と言える部分があります。

 

女性の社会進出や結婚・出産支援は国の重要施策の一つとして位置づけられているので、今後はさらに法改正を重ねて、女性が結婚しても働きやすい社会づくりが進んでいくと予想されますが、女性が家庭や出産に対して何も気にすることなく働きながら結婚できるようになるまでには、まだまだ多くの時間を費やすと言われています。